Blog & Information

PRINCIPE D’ELEGANZA 仕立て上がりました。

皆様こんにちは!

【オーダースーツ ZERBINO虎ノ門店】の髙橋です。

…仕上がって参りました!

今日はまさに清水の舞台から飛び降りた感のある

私の私物、PRINCIPE D’ELEGANZA社製の

オーダースーツをご紹介です…!

 

principe d'eleganza order suit 1

PRINCIPE D’ELEGANZA

CANONICO Mohair ¥300,000(+tax)

実は3月に行ったこのイベントの時に

エンリコさん、アントネッラさんのお二方とお会いし、

その時に採寸をして頂いたんですよ。

その時マネージャーのエンリコさんの

熱い想いを伺い、思わず、つい。

 

え?価格表示の桁がおかしい?

いやいや、この表情、この仕様を見れば納得です。

principe d'eleganza order suit 2

今回私は「ダブルでお願いします」以外には

特に何も注文を付けていません。

PRINCIPE D’ELEGANZA社の思想を

そのまま感じてみたかったからです。

 

「ナポリ人にとってスーツは第2の皮膚だ」

繰り返しエンリコさんがおっしゃっていた言葉です。

実際に袖を通してみると、その意味がよく分かりました。

すいつく?軽い?しなやか?

表現が難しいのですが、それら全ての要素を

混ぜ合わせた感覚です。

 

何よりもこの表情。

まさしくエレガンツァです。

何が違うのかな?と見ていて

割と気になった、特徴的な部分を

今回はいくつかご紹介させて頂きます。

 

まずこの釦ホール。

principe d'eleganza order suit 3

手穴かがりです。

本当はここも機械で開けた方が

すばやく均一に仕上がる部分です。

ですが敢えてそれをせず、

職人さんが1つ1つ穴を手でまつることで

立体的で味のある釦ホールが生まれます。

 

次にステッチ。

principe d'eleganza order suit 4

ここも同じくステッチミシンを使った方が効率的です。

が、それだとこんなにフチには入れられないです。

…余談ですが私は昔、

自分のスーツに手で入れてみたことがあるんですが、

片側だけで半日かかりました…。

 

最後に袖つけ。

principe d'eleganza order suit 5

このマニカカミーチャの美しさたるや。

これこそナポリスーツの真骨頂。

これだけ綺麗にギャザーが入るとは…。

縫製技術の真髄を見た気がします。

 

如何でしょう?

どのポイントを切り取ってみても「こだわり」が

詰まっているのがお分かり頂けるかと思います。

こういった技術が

「ナポリ人にとってスーツは第2の皮膚だ」

という思想のもとで積み重ねられた結果、

この優雅で気品のある表情に繋がるのでしょうね。

 

最後に一つだけ。

良いスーツとは何?という質問には

素材、色柄、サイズ、デザイン、縫製、価格…などなど

色々な角度の答えがあると思います。

その中の答えのひとつとしてのハンドメイドの極致、

PRINCIPE D’ELEGANZA社のナポリメイドスーツ。

「あっ、いいな」と思った方はぜひ一度お試しくださいませ。

 

…ちなみに。実は最近は生地を運んだり

什器を動かしたりとアクティブな動作をする事が多いので

なかなか着る機会がありません…アハハハハ( ;∀;)

 

そんな訳で今月は虎ノ門店にディスプレイしてあります。

良かったら見てあげて下さいませ。

 

 


 

 

営業情報

月~土 10:30-20:00

日のみ 10:30-18:30

 

※連休の場合は日曜も通常営業で最終日が18:30までとなります。

 

■ZERBINO虎ノ門店へのアクセス

虎ノ門店へのアクセスはこちらをご覧ください。

■ZERBINO Gallery

URL: http://www.zerbino.info/gallery/suit

■Facebook

URL:https://www.facebook.com/zerbinotokyo/

■Instagram

URL:https://www.instagram.com/zerbino_fundress/