Blog & Information

オーダーシューズの中身とは???

【ZERBINO新宿店スタッフブログ】

 

こんにちは。

ZERBINO新宿店の石井です。

 

 

宮城興業ZERBINOオリジナルモデル、

大変ご好評いただいております!

かつて無い程にオーダーを頂いております。

 

 

 

宮城興業 革靴

 

 

やはり誰がどう見てもカッコいい形ですもんね…。

 

 

 

 

さて今回はそんなオーダーシューズの中身について。

 

(今回紹介するのは宮城興業での内容です。ペルフェットとは多少変わりますのでご了承ください。)

 

 

 

まず、オーダーシューズといっても木型を一から作り出し、

半年程掛けて作るビスポークとは違います。

 

 

元々ある木型から選んで頂き、レングス(縦)とウィズ(横)を合わせます。

偶に、「なんだフルオーダーじゃないのか」

とおっしゃる方がおりますが、フルオーダーでこの価格は正直不可能です。

 

そして世間にはフルオーダー>カスタムオーダー

の図式が浸透していますが、実はそうではありません。

 

元々無いものを作り出そうとすると、

作り手と顧客様とのズレが必ず生じます。

 

 

対してカスタムオーダーは、基本のゲージ靴が存在するため、

実際にどうなるか、近いイメージの中お話することが出来ます。

 

ご自身の作りたい靴に合わせて、選択されるのがいいかもしれませんね。

 

 

 

さてオーダーの中身ですが、大きく分けてサイズ以外に

①革

②腰裏(内側の革)

③ソール

④ウェルト

⑤コバ形状

⑥紐

 

 

があります…。ウェルトの縫糸なども変更出来ますが、

革に合わせるのがほとんどです。

 

宮城興業 ウェルト

 

ウェルトの種類もこれだけあります。

カントリーなシューズにしたい場合は一番奥の

ストームウェルトがいいですね。

 

ドレスシューズは左から二番目の平目付けが人気です。

 

色も選べますがこれも革と合わせるのがベストです。

 

宮城興業 ソール タフスタッズ

 

ソールもまっさらな革から

中心ゴム、つま先ゴム…

 

そして一番手前のタフスタッズ。

 

このタフスタッズは、ダイナイトやヴィブラムと比べても

相当クォリティが高いです。

前々減りません。スタッフ間ではインポートメーカー二社よりも上なのでは…という認識です。

 

 

実はもっともっと細かい点は多くありますが、

ブログで説明するのは不可能です(笑)

 

 

是非実際に見て、お話して色々試してみてください。

スタッフ全員靴が好きなので、靴好きの方はいろいろ話が弾むと思います。

 

大きな会社さんのように流れ作業ではなく、

しっかり、じっくりとフィッティングさせて頂きます。

 

 

是非一度お考え下さい!

 

以上石井でした。

 

 

■営業情報

月~土 10:30-20:00

日のみ 10:30-18:30

※連休の場合は日曜も通常営業で最終日が18:30までとなります。

■ZERBINO新宿店へのアクセス

新宿店へのアクセスはこちらをご覧ください。

■ZERBINO Gallery

URL: http://www.zerbino.info/gallery/suit

■Facebook

URL:https://www.facebook.com/zerbinotokyo/

■Instagram

URL:https://www.instagram.com/zerbino_fundress/