Q & A>

「取り扱いブランドについて -国産編- 」

■ENZA  基本価格¥74,000(+tax)

enza

 

かつて、

国内の有力メーカー、テーラーなどが、

日本の技で海外に勝る服地を作ろうと集まり、

作り上げたのがENZA。

ENZAは、

皆で囲んで力を合わせる意味の「円座」、

そして同じ業界で

それぞれがライバルであるにも関わらず

繋がり、

同じ志を持つことになったという意味の

「縁座」、この二つが合わさり

ENZAと名付けられました。

Super140’s,Super160’sといった

希少価値が高く、繊細な原毛から糸を紡ぎ、

縦横双糸の糸使いで織り上げることにより、

柔らかくシルキーな風合いに

国産ならではの丈夫さを取り入れました。

普段使いの難しい生地ではありますが、

国内の技術を詰め込んだENZAは

特別な1着となることは間違いありません。

 

 

■Col Salto  基本価格¥64,000(+tax)

col-salto

 

弊社オリジナルファブリックの一つ

「コル サルート」。

コルの意味は日本語で物事に凝るの「凝る」

サルートはイタリア語で

仕立て屋を意味する「Sarto」、

そして同じくイタリア語で

挨拶を意味する「Saluto」

この3つを掛け合わせて作った造語です。

物事に凝る、仕立てに凝る、

誰かに会うときのために見た目に凝る。

日常において普段よりも

こだわりをもつ人に身につけていただきたい。

そんな想いで生まれたブランドです。

 

Super140’sの原毛を用いて

細い糸を紬あげるのではなく、

その極細の原毛を用いて

あえてしっかりとした太さの糸を作り上げる。

その糸で服地を作り上げることで

ふっくらとした風合いを出し、

ある程度お仕事でもご利用いただける

生地感に仕上げております。

日常でお召しいただける贅沢を

ご堪能ください。

 

 

■葛利毛織(DOMINX)

dominx2

 

フランス語で「制覇」を意味する

DOMINATIONと、

英語で生地という意味のTEXTILEを

掛け合わせた意味の

「DOMINX(ドミンクス)」。

国内の生地市場を

自分たちで作り上げた上質な生地で

制覇しようという創業者の想いで作られた

葛利毛織のオリジナルブランドです。

 

Super100’sウールを中心に

カシミア、モヘア、シルクなど

多様な質感の素材を掛け合わせたスーツ地、

ジャケット地を作り上げております。

 

服地を織り上げるだけではなく、

独自のデザインも評価され

その人気は海外の著名なデザイナーからも

毎年オファーがあるほどです。

ZERBINOでご用意している葛利毛織の服地は

少量ですが、ご希望であれば

バンチブックをご用意することができますので

お気軽にお問い合わせください。

 

 

■御幸毛織

miyuki

 

1905年創業。

国内では言わずと知れた

高級服地メーカー「ミユキ」。

オーダーしたことのある方なら

今でも「ミユキ」というだけで

生地の良さが通じるほどのメーカーです。

 

定番で上質なクオリティを持つM’sARC、

盛夏用として昔から愛されるSHALICK、

ミユキの上級ラインである

細番手の糸を主に使用したNapolena

などのシリーズが有名です。

 

英国の「MINOVA(ミノバ)」も

ミユキが出資し、高級な英国服地を

展開しております。

 

 

※これらのブランド・メーカーは定期的に仕入れを行って揃えている訳ではございません。その時々でオススメの色柄をチョイスしてご提案させていただいております。

 

※価格につきましては、独自の仕入れを行っている関係で同じブランド・メーカーでもシーズン・年度によって変動することがございます。