Q & A>

「オーダーコートについて」

【ZERBINO Column】

 

皆様こんにちは。

 

冬に差し掛かる今の時期に

人気が高まるオーダーコートについて、

ZERBINOでのお取り扱いの種類と

おすすめを少しご紹介いたします。

 

■Single Chesterfield Coat

シングルチェスターコート

チェスターフィールド伯爵が

初めて着用したのが始まりと

言われているコートで、

日本のビジネスでは

シングルのタイプが大部分を占めています。

正式な作りとしては、

前立ては比翼仕立て、

上衿はベルベット、

下衿は絹をあしらった形と言われておりますが、

現代のシングルチェスターコートは

もっとシンプルで、

比翼仕立てではなく釦打ち抜き、

衿は共地のものが通常の作りとなっております。

コートをお持ちでない方は、

まずシングルチェスターコートを

購入されることをオススメします。

 

 

■Double Chesterfield Coat

ダブルチェスターコート

シングルチェスターコートの

ダブルブレステッド版です。

スーツの時と同様に、

かなり重厚感のある雰囲気が特徴です。

丈もやや長めで

クラシック感の強い雰囲気が

お好みの方にオススメです。

 

 

■Ulstar Coat

アルスターコート

アイルランドの北東部、アルスター地方が

発祥のコートと言われるアルスターコート。

 

まずその特徴は、

ダブルチェスターコートとは違う衿型。

俗にいうアルスターカラーという

アルスターコートならではの独特な衿型です。

 

衿のみならず、ポケットもアウト&フラップ型、

袖口はターンナップといった形となっており、

雰囲気はダブルチェスターコートよりも

柔らかい印象になります。

もともと存在していたコートではありますが、

徐々にまた認知され始め、

重厚感の強いダブルチェスターコートよりも

着やすいということで人気になりつつあります。

 

 

■Stand Fall Collar Coat

ステンカラーコート

一般的にはステンカラーコート、

バルカラーコート、

バルマカーンコートといった

名で浸透しております。

恐らく皆様のイメージとしては

ベージュなどコットンやナイロン素材で

スプリングコートとしての印象が

強いのではないでしょうか?

 

ZERBINOでもコットン系の素材を使用し、

細めで軽やかなシルエットの

ステンカラーコートをオーダーされる方も多く、

スタッフも着用しております。

シンプルなデザインですが、

シンプルだからこそ

サイズ感が大切なコートです。

サイズがあまり合っていない

ステンカラーコートは、

野暮ったくオヤジ臭いといった印象を

周囲に与えかねません。

気軽に羽織れるステンカラーコートは

スッキリ目のシルエットのモノをお選びいただくか、

あえてクラシックにワイドシルエットで作るか、

はっきり使い分けて購入されるのがオススメです。

 

 

■ZERBINOのオーダーコートについて

ゼルビーノのオーダーコートは、

現代風の作りを基本としておりますが、

イタリアのファクトリーブランドのような

本格的でありながら

やわらかく色気のあるデザイン、

仕様となっております。

 

オーダースーツ同様、

高いのぼりや

胸、ウエストの立体感はもちろんのこと、

通常オプションとなる

AMFステッチを標準とさせていただき、

水牛ボタン、キュプラ裏地、

更にはオーダーコートのみ

本切羽もZERBINOの標準としました。

 

シルエットだけでも

気に入っていただけるものとなりますが、

細かい見た目にもこだわっておりますので

長く楽しんで着ることのできる

コートになるかと思います。

 

オン、オフ別々のコートでも、

どちらでも着ることのできるコートでも、

せっかくオーダーされるのであれば

愛着の湧く素敵な1着をオーダーください。