Blog & Information

Custom Line ~Button Collection~

【ZERBINO新宿 大西千波 スタッフブログ】

 

皆様こんにちは!

ZERBINO新宿店の大西です。

 

以前、下記ブログでLuxury Lineのボタンをご紹介致しましたので

高級なスーツには、高級な水牛ボタンを。

今回はCustom Lineのボタンをご紹介致します。

 

天然釦

天然釦

Custom Lineの水牛ボタンは2種類です。

 

天然釦

《902》…マットな質感で真ん中部分が少し窪んでいます。

Custom Lineでは一番人気のシリーズです。

6と5で何が違うの?!と思う方もいらっしゃると思います。

水牛ボタン

実は5の方が少し茶色具合が強くなります。

写真でも分かりにくいですけど^^;

また、中の繊維模様も5の方が少しはっきりと出てきます!

このようにボタン一つ一つの柄が変わるのも

天然水牛ボタンの特徴ですね。

 

天然釦

《710》…艶有りの高級感を出してくれるボタンです。

902シリーズとは変わり、底部分が平らになります。

柄の入り方は同じようになりますが

好みによって艶有り、艶なしと使い分けるのが良いのかもしれません。

 

Custom Lineだと水牛ボタンは2種類ですが、

他にも無料でお選びいただける

天然ボタンもございますのでご紹介致します。

 

天然釦

天然釦

ナットボタンになります。

ヤシの実を削って作られるボタンは

ジャケットなどと相性がいいです。

 

天然釦

《Nut75》…単色で一番ベーシックなボタン。

大きさも少しだけ小ぶりになり

軽さも出るのが特徴です。

 

 

天然釦

《Nut970》…ヴィンテージナットと呼ばれるシリーズです。

写真で見てわかるように、淵の部分の色が少し変わっています。

こちらは焼きを入れていることによって

色に変化を出しているので、

少しでも遊びたい!という方は75シリーズのナットよりも

こちらの方が宜しいと思います。

 

天然釦

最後に見ていただくのは貝ボタンです。

 

天然釦

《M17》…光の当たる変化によって虹色に輝く貝ボタン。

こちらは意外にもスーツとの相性もいいです。

これからのシーズンに清涼感のある素材のジャケットを仕立てる際に

合わせていただくと、素敵ですね。

裏ワザとして貝ボタン“裏使い”する方もいらっしゃいます^^

 

前回のLuxury Lineもそうですが

ZERBINOでは天然ボタンもすべて標準でお付けいただきます。

なぜそうなのか?

ZERBINOでは、だれが見てもカッコよく、しっかりとした作りのスーツをご提案しています。

良い記事を良い仕立てで作ったとしても

ボタンがプラスチック、裏地がポリエステルとなったら

意味がないですよね?

なんでそこまで拘らないんですか?と

疑問に感じてしまいます。

必要最低限、ちゃんとしたスーツとしたお召しいただくためにも

今回ご紹介したような細かいディティールはとても重要です。

組み合わせこそ皆様の好みでご選択していただけますので

オーダースーツをお仕立てする際には

ボタンもじっくり悩んでください!

 

ZERBINO新宿 大西

 

■新宿店専用LINEアカウント

お問い合わせやなど直接承ります。

基本的にご来店いただいた順番に対応させていただきますが、

ご予約いただければなるべくスタッフを空けておくよう

手配させていただきます。

パソコンでの対応となりますので返答にお時間をいただく場合がございます。

お急ぎの場合はお電話いただければ対応いたします。

登録ID : @luj4876u

※友だち検索で上記のIDを入力するか、

QRコード読み込みで登録お願い致します。

■営業情報

月~土 11:00-20:00

日のみ 11:00-18:30

※連休の場合は日曜も通常営業で最終日が18:30までとなります。

 

■ZERBINO新宿店へのアクセス

新宿店へのアクセスはこちらをご覧ください。

■ZERBINO TOP

URL: https://www.zerbino.info/

■ZERBINO Gallery

URL: https://www.zerbino.info/gallery/suit

■ZERBINO Item & Price

URL:https://www.zerbino.info/item/

■Instagram

URL:https://www.instagram.com/zerbino_fund

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。