Blog & Information

スキャバル・ブラウンダブルスーツ

【ZERBINO新宿店 石井ブログ】

 

ZERBINO新宿店の石井です。

 

 

今回は石井の私物スーツのご紹介。

 

 

 

 

 

 

Custom Line \79,000

Luxury Line suit \119,000

Fabric  Scabal

 

 

久々のウーステッド。所謂梳毛生地。

我々はどうしても季節感のあるフランネル、ツイード、もしくはハリコシのある英国物をオーダーしがちなのですが、

やはり「スーツらしさ」を出すにはツヤや柔らかさのあるウーステッドが良いです。

久しぶりにオーダーしましたが、やはり良いです。

 

 

全体はこんな感じ。

 

 

 

 

 

 

全体的にゆとりのあるサイズ感です。

今まで作った中で一番太いかもしれません。

イメージはスーツの原型ラウンジスーツ。

まぁラウンジスーツは基本的にスリーピースだと思いますが、ダブルを作りたかったのでそこらへんは無視します。笑

 

 

 

 

 

室内でくつろぐというコンセプトの基、いつもよりゆとりを入れ、

股上をかなり深く、逆に股下のサイズは少し短くしました。

何故昔短かったかというと、長い丈は室内では邪魔だったことが理由のようです。

皆様勘違いしがちですが、実はクラシックな股下はこれくらいです。大昔の写真や絵を見ると分かりますね。

長すぎる股下はむしろその当時の流行でした。 時代に流されず、綺麗に見せる長さはこれくらいでしょう。

かといって短すぎは「クラシックなスーツを作ろうとした時」にはNGです。

 

 

 

 

 

上着はダブルの6*1に。

このデザインはゆとりをあまり入れすぎない方がかっこいいですね。

構造的に釦を掛ける位置までの距離が長い為、ソファーなどに腰掛けると衿がばっくりとわれますが個人的にそこがかっこよくてツボです。(理由は謎です)

…そしてフラップも排しました。雨蓋とも呼ばれるフラップ。雨に降られる想定ではないので、ここは当然ながらつけません。

わたくし、いかんせん室内で着ますのでね。(強い拘りです。)

 

 

 

今回ラグジュアリーラインで作成したこともあり、かなり着やすいです。

ニューバランスを履いたラルフローレンは雲の上を歩いているようだと言ったものですが、

ラグジュアリーラインを着た石井は、雲を着ているようだと表現します。ほぼ裸ということです。

 

 

そこまでは言い過ぎだとしても、とても着心地の良いスーツに仕立て上がりました。

 

 

やはりうちのスーツは素晴らしいですね。

以上石井でした。

 

 

 

 

営業時間変更のお知らせ

7月1日(水)以降は当面の間

短縮営業11:30〜19:30 (休業無し)

■新宿店専用LINEアカウント

お問い合わせやなど直接承ります。

パソコンでの対応となりますので返答にお時間をいただく場合がございます。

お急ぎの場合はお電話いただければ対応いたします。

登録ID : @253hxeso

※友だち検索で上記のIDを入力するか、

QRコード読み込みで登録お願い致します。

http://nav.cx/fULCXy7(こちらのリンクで友達追加が出来ます。)

LINEアカウント ZERBINO新宿

■ZERBINO新宿店へのアクセス

新宿店へのアクセスはこちらをご覧ください。

■ZERBINO TOP

URL: https://www.zerbino.info/

■ZERBINO Gallery

URL: https://www.zerbino.info/gallery/suit

■ZERBINO Item & Price

URL:https://www.zerbino.info/item/

■Instagram

URL:https://www.instagram.com/zerbino_fund

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。