Blog & Information

2021SS 私物構想…(石井)

【ZERBINO新宿店石井ブログ】

 

 

ZERBINO新宿店の石井です。

 

さて私達はそろそろ春夏物を仕込む時期になります。

寧ろ少し遅いくらいです。

まだ寒い季節なのに云々はもはや枕詞ですので省略。

洋服屋ですから、準備は早めにします。当然です。

 

 

今回は久しぶりのスリーピースでいくか。

と息巻いております。

なぜならこの生地ですから。

 

 

ドーメルビンテージ

DORMEUIL(在庫なし)

CL79,000+TAX

LL119,000+TAX

 

(たまらん織ネームです。このロゴを見ると埃臭さすら錯覚してしまいます。)

 

 

はい、ドーメルのビンテージ生地です。

私が作るのでもう在庫はありません。心苦しいですが…

 

 

一応去年売場にあり、お客様にも提案させて頂いたのですが

中々キワモノな色感や柄ですので、残ってしまいました。

私はこんないい生地なのに…。と思いながら季節の変わり目に、自分のストックにさらり。

と忍ばせました。

 

 

 

 

 

ベーシックな生地を作らねばとも思うのですが、

洋服屋ですので仕上りが楽しみなスーツを仕立てたくなります。

去年はベーシックでいったのですが、やはり少し刺激にかけました。

地盤は固まりましたが。

 

 

 

この生地とは言いませんがブルーグレーは皆様にも是非挑戦して頂きたいです。

微妙な中間色は、安っぽい生地ですと汚く映り勝ちですが、

上質な素材で織られたブルーグレーは深みがありながら嫌みのない、いい色に仕上がります。

 

 

少しだけ明るい釦を付けるのがいいと思います。

 

 

そしてこのようなモヘアのスーツは、素直なサイズ感で作るのが正解ですね。

 

 

「細くしない」

 

 

これはなかなか難しい挑戦です。

誤解しないで頂きたいのが、むやみやたらに太く作るのもまた違います。

私の大学時代はスキニーが流行っており、細いのがよい時代でした。

漏れなく私もぴちぴちのKSUBI(スキニーブランド)がお気に入りでした。

 

 

そのようなサイズ感を引きずって作ったスーツはことごとくダメになっていきます。

(実際一年目にタイトめに作ったFOXの生地がこの間ダメになりました)

 

 

 

しかし毎日スーツを着て学んでいくと、

細すぎるスーツは正当なスーツの着方ではないと感じるように思えます。

しっかりと作ったスーツが一年かそこらでダメになるのはやはり普通ではありません。

 

 

 

私もいい歳になって来たので、

スーツと肌との空間に生まれる揺れ、揺らぎを楽しみたいと思います。

世間ではそれを「ドレープ」と呼びます。

 

 

 

最初は抵抗があるかもしれませんが、

今年は少しだけ太くすることから挑戦して頂きたいです。

スーツをよく知らない、周りの意見に流されてはいけません。

 

 

 

以上石井でした。

仕上りはまたご報告させて頂きます!

 

 

 

■新宿店専用LINEアカウント

お問い合わせやなど直接承ります。

パソコンでの対応となりますので返答にお時間をいただく場合がございます。

お急ぎの場合はお電話いただければ対応いたします。

登録ID : @253hxeso

※友だち検索で上記のIDを入力するか、

QRコード読み込みで登録お願い致します。

http://nav.cx/fULCXy7(こちらのリンクで友達追加が出来ます。)

LINEアカウント ZERBINO新宿

■ZERBINO新宿店へのアクセス

新宿店へのアクセスはこちらをご覧ください。

■ZERBINO TOP

URL: https://www.zerbino.info/

■ZERBINO Gallery

URL: https://www.zerbino.info/gallery/suit

■ZERBINO Item & Price

URL:https://www.zerbino.info/item/

■Instagram

URL:https://www.instagram.com/zerbino_fund

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。