Blog & Information

スペンスブライソン。リネンスーツ

【ZERBINO新宿店 石井ブログ】

 

ZERBINO新宿店の石井です。

久しぶりの私物紹介。

 

あまり紹介しておりませんでしたが、結構仕立てております。

今回はリネンの王、スペンスブライソンの生地を使用しました。

 

 

スペンスブライソン

SPENCE BRYSON

CustomLine ¥59,000+TAX(¥64,900)

LuxuryLine ¥99,000+TAX(¥108,900)

 

 

後ろのナン食べ放題が哀愁を誘います。(こちらの店、美味しいです。)

6*1の「ど」クラシックなダブルのスーツ。

スラックスは太くゆとりのあるサイジングで。

ハリのある生地感の為、動く度に、プルプルと生地が震えます。

 

 

SPENCE BRYSON

 

 

通勤で着用していた為太いシワが付いています。

たまりません。

 

 

スペンスブライソン

 

 

今回拘ったのはループ下がり。

ワンスアポンアタイム流行ったスラックスのディティール。

懐かしい方もいらっしゃるのではないでしょうか。

通常トップに付いているものを下げて作っている為、ベルトが上に上がり、スラックスは下へ下がってしまうという現象を防止できます。

 

 

リネン スラックス

 

 

ベルトはZERBINOがこだわりを持って作ったブライドルレザーのもの。

基本的にベルトレスをご提案しておりますが、このベルトを着けたい気分でしたので、今回このディティールを採用しました。

タックのつまみ量も多くしている為腰回りの立体感が出やすいです。

 

 

 

こちらのスーツ、どのように育っていくか楽しみです。

 

ちなみに大西はサイドベンツにしたとのことですが、私はノーベントにしました。

リネンは経年変化によりベントが捲れあがってきます。

それもまた一興なのですが、

今回はプレーンな状態を残したかったのでノーベントに。

 

 

最近リネンの投稿が相次いでいますね。それだけ皆から愛される素材ということです。

デメリットとして挙げられる皺ですが、そこがいい。

皴があって許されるなんて素晴らしい生地です。

このように、綺麗な見た目のスーツでありながら、「自分のものにしているという証」の皺が刻まれるリネンスーツは、

「服はギアでもある」というのを示唆しているようでなんだか好きです。

服を変に崇めていないというか…。

 

もちろんTPOもあると思いますが、高温多湿である日本に住むならば,寧ろリネンを着て楽しむべきだと私は思います。

なんといっても人類史上最古の繊維です。風格が違います。

 

 

皆様も是非。

ちなみにこちらの生地、現状新宿店には在庫がございます。

 

気になる方はご覧になるだけでもお待ちしております。

 

以上石井でした。

 

 

■新宿店専用LINEアカウント

お問い合わせやなど直接承ります。

パソコンでの対応となりますので返答にお時間をいただく場合がございます。

お急ぎの場合はお電話いただければ対応いたします。

登録ID : @253hxeso

※友だち検索で上記のIDを入力するか、

QRコード読み込みで登録お願い致します。

http://nav.cx/fULCXy7(こちらのリンクで友達追加が出来ます。)

LINEアカウント ZERBINO新宿

■ZERBINO新宿店へのアクセス

新宿店へのアクセスはこちらをご覧ください。

■ZERBINO TOP

URL: https://www.zerbino.info/

■ZERBINO Gallery

URL: https://www.zerbino.info/gallery/suit

■ZERBINO Item & Price

URL:https://www.zerbino.info/item/

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。