Blog & Information

ヘリテージフランネルの魅力。

【ZERBNO新宿店 石井ブログ】

 

ZERBINO新宿店の石井です。

だんだん冷やりとする日が増えてまいりました。

そんな時期に思いを馳せるのは肉厚のフランネル地。

 

頼りがいのあるフランネル地は所有の欲を満たしてくれます。

オーセンティックなものを所有したいと考えた時、生地もまた経年に耐えられるものを選定する必要があります。

長年連れ添うにふさわしい生地をご紹介致します。

 

 

HERITAGE FLANNEL

 

 

【HERITAGE FLANNEL】 69,000+TAX(75,900)

 

ZERBINOでも非常にファンが多いヘリテージフランネルシリーズ。最近では新入社員の小椋が作成しております。

迷える子羊が如く生地選びに悩む新入社員には、結構な確率で『これを作りなさい』

 

と勧めます。

 

生地の肉厚さ、ほんのりとした艶、アンダーステイトメントな色。そして何より硬さ。

初めは針金の通った毛布のようなこちらの生地(さすがに言い過ぎかもしれませんが…)。

 

馴染んでいく過程も楽しく、数年後、より愛着がわいてくるでしょう。

実際私が三年前に作成した物ようやく馴染んできています。

仕上り初めよりも、今の方が圧倒的に好きです。

 

 

現在全店で在庫があるのは冒頭の三色です。

 

 

ヘリテージフランネル

 

少し明るめのネイビー。

ブレザーらしいカジュアルさをイメージされている方はこちらです。

 

ネイビーフランネル

 

こちらは更に暗い濃紺。

店頭では黒に近く見えますが、濃紺です。

時代と気分に左右されないスーツや、ブレザーを作りたい方はこちらです。

 

 

グレーランネル

 

 

こちらはチャコール~ミディアムグレー。

The Man in the Gray Flannel Suit

かつて品格の証であったグレイフランネル。

グレイフランネルを着た男のように、気品漂うスーツをイメージされている方はこちらです。

 

まだ在庫があるうちに、グレーのトラウザーズを作るのもいいかもしれません。

こちらで薄めのコートを作成した方もいらっしゃいました。

 

 

 

同じヘリテージフランネルのシリーズではあるものの、紫の耳(生地の端の色のことです)のものと、水色の耳の物では実は織元が違います。

重さは水色の方が重く(約440/g)、厚みはやや薄めなのに対し、

紫はふっくらとしたタッチでやや軽いです。と言っても400/gですが…。

 

 

 

このシリーズ、実はかつて一世を風靡した

カネボウ「カレッジフラノ」の復刻版です。商標の関係なのか、「カレッジフラノ」の名は使えない様です。

カネボウは今や化粧品メーカーとして確固たる地位を築いているあのカネボウです。

カネボウが織物部門を撤退する際に、織機及び技術を譲り受けた尾州の機屋が、紡績・整理・マーチャントと手を組み、10数年織り続けています。

 

当時を知るスタッフにとっては国産の高級服地の一つで、実力のあるビスポークテーラー程、仕立て映えするこの生地の生産終了を嘆いたとの事です。

 

 

そんな生地がしれっとこの価格でおいてあります。

本来はとても拘りと価値のある生地だということは、中々売場にあるとわからないものです。

 

ブログを読まれて気になる方はスタッフにお伝えください。

生地は見るだけでも楽しいものです。

 

 

ご来店心よりお待ちしております。

 

 

以上石井でした。

 

 

■新宿店専用LINEアカウント

 

お問い合わせやなど直接承ります。

 

パソコンでの対応となりますので返答にお時間をいただく場合がございます。

 

お急ぎの場合はお電話いただければ対応いたします。

 

登録ID : @253hxeso

 

※友だち検索で上記のIDを入力するか、

 

QRコード読み込みで登録お願い致します。

 

http://nav.cx/fULCXy7(こちらのリンクで友達追加が出来ます。)

 

LINEアカウント ZERBINO新宿

 

■ZERBINO新宿店へのアクセス

 

新宿店へのアクセスはこちらをご覧ください。

 

■ZERBINO TOP

 

URL: https://www.zerbino.info/

 

■ZERBINO Gallery

 

URL: https://www.zerbino.info/gallery/suit

 

■ZERBINO Item & Price

 

URL:https://www.zerbino.info/item/

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。