Blog & Information

バラシャってご存知ですか?

【ZERBINO銀座店Brog】

 

みなさまこんにちは。

ZERBINO銀座店の田上です。

本日ご紹介する生地はこちらです。

バラシャ

英国製 BARATHEA  バラシア

生地品番  27-3896

WOOL100%(Super100’s)

Custom Line  ¥64,900

Luxury Line   ¥108,900

 

 

バラシア織り・・・平織りの一種である斜子織りの変形組織。

バスケット織りにも似たざっくり目の織物です。

日本では バラシャ、バラッシャとも呼んでいます。

聞いたことが無い方も多くいらっしゃるかとは思いますが

かつては礼服用の生地といえば、バラシャ(この呼び方にします)

が代表的な存在でした。

ウール100%の他に、モヘアをブレンドした物もあり、

それをモヘアバラシャと呼んでいます。

 

見た目の素材感がシーズンを問わずに使用出来るため

通年で着用する礼服に丁度良かったのでしょうね。

特にモヘアバラシャは、モヘア独特の光沢とハリコシがあるので

セレモニー的な場面で着用するには最適だったと思います。

生地の仕事をしていた頃は、英国製のモヘアバラシャに関しては

無くてはならない商材の一つでした。

得意先の洋服店様によっては反物で買ってストックしていたほど

需要が多かったと記憶しています。

バラシャ

礼服自体の購買傾向は、1990年代の半ば以降は所謂ロードサイドの

紳士服チェーンに主役の座を奪われて、オーダー専門店や百貨店の

販売は減少の一途をたどりました。

また、この頃くらいから濃染加工を施した、従来の黒よりも更に黒い

礼服用の生地が登場しました。

以前のブログでも紹介しましたが、ZERBINOで取り扱っている

エコロジカル・ブラックもその仲間です。

この濃染加工技術は、英国やイタリアのメーカーに先駆けて

日本のメーカーが開発しました。

それにより、海外メーカーの礼服用生地が更に少なくなり、

礼服用生地といえば国内メーカーのものが選ばれていました

(一部の高級店は除きますが)。

 

今回、売場の生地整理をしていた時に見つけたこの生地は

極一般的な黒無地ですが、普段あまり見かけない独特な

素材感のある生地ですので、一度手に取っていただいては

いかがでしょうか。

 

ZERBINO銀座店 田上

 

*******************************************************

銀座店専用LINEアカウント

お問い合わせなどお気軽にご連絡ください。

パソコンでの対応となりますので

返答にお時間をいただく場合がございます。

お急ぎの場合はお電話いただければ対応いたします。

ID : @qfo7587s

 

 

■ZERBINO TOP

URL: https://www.zerbino.info/

 

■ZERBINO Gallery

URL: https://www.zerbino.info/gallery/suit

 

■ZERBINO Item & Price

URL:https://www.zerbino.info/item/

 

■Instagram

URL:https://www.instagram.com/zerbino_fundress/

*******************************************************

 

 

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。