Blog & Information

宮城興業九分仕立て

【ZERBINO新宿店 石井ブログ】

 

ZERBINO新宿店の石井です。

 

本日は表題にあります九分仕立ての紹介です。

何とも魅力的な靴が仕上がってまいりました。

ZERBINOでは初めてのご注文です。

 

九分仕立てとは、製造工程の約9割をハンドで行う事から名づけられました製法です。

 

紳士靴業界では最も有名な製法である、グッドイヤーウェルト製法の基となった製法です。

本来使われる硬いパーツのリブテープを添わせず、直接中底とソールがウェルトに縫い付けられる為、ソールの返りが良くなります。

つまり履き心地が良くなります。

 

また、革が再度引き締められる工程をふむことで靴のシルエットも木型に沿ったものになる為、より立体的になり、メリハリのある形になります。

曲線が多く出た美しいシルエットにはスタッフ一同、唸り声を上げました。

 

 

宮城興業 九分仕立て

 

宮城興業 和創良靴 ¥42,000+TAX(46,200)

ATレザー OP ¥12,000(13,200)

九分仕立て(ハンドソーン)OP ¥46,000+TAX(50,600)

 

 

木型に沿ったシルエットは、甲から爪先にかけての急降下、かかとの丸みなどに着目するとわかりやすいです。

人間の甲は高く、前足部の幅部分とは実はかなりの高低差があります。足本来の形に合わせることで靴が中でズレず、とても良い履き心地になるのですが、

中々機械のつり込みではそこまで攻めることは出来ません。その点、手で吊り込む製法は、まるで木型に張り付いたかのような仕上りになります。

 

 

和創良靴 ハンドソーン

 

 

 

靴を横から見た図。かかとの丸みと甲の落ち感が分かりやすいです。

 

 

 

 

オーダーシューズ 九分仕立て

 

 

 

上から見た際も、どこかぐねりとツイストされたような見た目になります。

人間の脚は真っ直ぐではありません。良い靴はまがって見えます。

 

 

 

 

一番分かりやすいのはこの踵部分でしょう。

通常の芯材から革の芯材に変更し、木型に沿ってくることで、まるで玉ねぎのような形をした靴に仕上がります。

足を包み込むようにフィットします。

 

 

 

 

いかがでしょうか。

とても良いものを見させて頂きました。

お客様には感謝しかありません。グッドイヤーで作られているものを普段は目にしており、それも大変良いものだと思っておりましたが、

このような違いを見ると、どうしても欲しくなってしまいます。

 

納期は4ヶ月~半年程を見ていただいております。

職人が一足一足作成している為どうしても納期は長くなってしまいますが、一生物と考えればよいかもしれませんね。

 

 

まずは一足お作りいただき、サイズを確定させてからの注文をおすすめしております。

実際に見るともっと色気を感じるのですが、画像では伝えきれず歯がゆく思います。

 

 

皆様気になる方は是非お試しください。

ふるさと納税も対象です。

 

 

 

以上石井でした。

 

 

新宿店専用LINEアカウント

 

お問い合わせやなど直接承ります。

 

パソコンでの対応となりますので返答にお時間をいただく場合がございます。

 

お急ぎの場合はお電話いただければ対応いたします。

 

登録ID : @253hxeso

 

※友だち検索で上記のIDを入力するか、

 

QRコード読み込みで登録お願い致します。

 

http://nav.cx/fULCXy7(こちらのリンクで友達追加が出来ます。)

 

LINEアカウント ZERBINO新宿

 

■ZERBINO新宿店へのアクセス

 

新宿店へのアクセスはこちらをご覧ください。

 

■ZERBINO TOP

 

URL: https://www.zerbino.info/

 

■ZERBINO Gallery

 

URL: https://www.zerbino.info/gallery/suit

 

■ZERBINO Item & Price

 

URL:https://www.zerbino.info/item/

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。