Blog & Information

七夕のお話☆

皆さんこんにちは。ZERBINO<ゼルヴィーノ>虎ノ門店、瀬野尾です。

7月7日は皆さんご存じの通り「七夕」ですよね?☆
私の出身は宮城なので、
七夕というと、どうしてもお祭のある8月のイメージなんですよね。
地元にいた頃は、家族や友人と七夕祭りによくでかけていました♪

「七夕」のお話は、古代中国の民話からきているものです。
織り姫は織機の上手な働き者でした。また、牛飼いの彦星も働き者だったので、
織り姫の父である天帝は二人の結婚を認めました。
しかし、結婚した二人は働きもせず遊んでばかりいたので、
天帝は天の川を隔て二人を引き離しました。
ですが、かわいそうに思った天帝は年に一度7月7日だけ会うことを許しました。
というお話です。

7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増して二人は会うことができません。
二人を哀れんでどこからか無数のカササギがやってきて天の川に橋を架けてくれる。
という続きもあるようですね。
また、七夕に降る雨は、織り姫と彦星の流す涙で「洒涙雨(さいるいう)」というそうです。

では、なぜ「七夕(たなばた)」と読むようになったかはご存知でしょうか?

日本古来では「棚機女(たなばたつめ)」という禊(みそぎ)の行事がありました。
女性が機を織り、それを捧げて、祖先の霊を静めるというものです。
この行事も7月に行われていたこともあり、
いつしか中国から来た「七夕」と融合して「七夕(たなばた)」と呼ぶようになったそうです。

皆様は、七夕の夜に大切な人と過ごすことができましたでしょうか?☆ミ