Blog & Information

ジューンブライド

みなさんこんにちは☆
ご祝儀貧乏で首が回らない(笑)ZERBINO<ゼルヴィーノ>新宿店寺岡です。

今回は6月ということもあり、結婚式に出席される方が多いと
思いますので(私もその一人(涙))
結婚式についての豆知識を幾つかご紹介しちゃいます。

ジューン・ブライドの由来

zerbino

6月の花嫁という意味で、『6月に結婚した花嫁は幸せになれる♪』
という、ヨーロッパから始まった言い伝えです。
由来にはいくつかあります☆

1・June(6月)という月名が、ローマ神話の結婚をつかさどる
女神ジューノ<Juno>からきているため、
婚姻と女性の権利を守護するこの女神の月に結婚すれば、
花嫁は幸せになるだろうとジューノ<Juno>にあやかった説。

2・昔、ヨーロッパでは3,4,5月の3ヶ月間は結婚することが禁止されてた。
6月は結婚が解禁になる月である為、いっせいにカップル達が結婚し、
周りの人たちからの祝福も最も多い月だったとする説。

3・ヨーロッパは6月が1年間の中で最も雨が少なく良いお天気が続く為、
『季節の始まり・若者の季節』と呼ばれ季節的環境がベストな月であり、
復活祭も行われる時期であることからヨーロッパ全土が祝福ムードで溢れ、
6月の花嫁は幸せになる説等があるようです。

結婚式や2次会でのちょっとした小ネタに使ってみてはいかがですか!?(笑)
きっとインテリアップ↑間違いなしですよ!

では、ここで結婚式のスーツに関しての豆知識を!!!

最近の結婚式は、個性的なファッションでも特にNGでは無くなってきていますよね。
先日、私の友人の披露宴でもジャケパンスタイルやジャケットにデニム、
披露宴中ずっと全身タイツを着ていた方(笑)など、いろいろな方がいました。
しかしそんな中、足元を見てみると意外や意外(汗)・・・
スーツやジャケパンの裾がダブルになっている方が何名か・・・
(私も社会人になりたての時ダブルにしてました(汗))

冠婚葬祭で裾口をダブルにすることは
・折り返す→繰り返す
・重なる→同じことが2度重なる
など、あまり縁起がよくないと言われています。

最近はスーツの裾をダブルにされる方が大分多くなりましたが、
冠婚葬祭の席は、少し気をつけてコーディネートしてみて下さいね☆

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。