Blog & Information

尾州について

【 ZERBINO 虎ノ門店 】

 

みなさま こんにちは

虎ノ門店の小竹です。

 

突然ですが

我が社オリジナルの尾州の生地をご存知ですか?

柔らかい光沢が特徴的なとても綺麗な生地です。

こんなに美しい生地を作る尾州とは?

本日は尾州についてのお話しです。

尾州生地

イタリアのビエラ

イギリスのハダースフィールドに並ぶ

世界三大生地生産地の尾州。

国内での生産シェアは70%を占めています。

 

尾州は分業体制がしっかりしていて

糸から織物を作るまでの全過程をこの地域で行っています。

親機(おやばた)が企画や織りを行い

子機(こばた)が協力します。

子機には紡績や染色などを専門で請け負う工場もあり

地域内でお互いに協力し合って良質な生地を作り上げていくのです。

 

良質な生地の陰には必ず綺麗な水の存在があります。

ビエラにはアルプス山脈を母とする川。

ハダースフィールドにはコルネ川とホルム川。

そして尾州には、木曾川。

尾州生地

軟水の木曽川の水が

糸や織物の染色や仕上げに適してるのです。

 

尾州が毛織産地として発展した背景には

第一次世界大戦の影響もあります。

軍服を作る為の生地が海外から日本に輸入されなくなり

日本は自給自足を強いられます。

そこで日本は

毛織に適した気候の尾州を

毛織の産地にするように働きかけます。

因みに、日本で初めて毛織機を開発したのも尾州です。

 

実は、愛知県周辺のモーニング文化も

毛織産業が発祥となっているのです。

朝から晩まで絶え間なく稼働する工場は

大きな音がして埃も飛んでいます。

これでは商談も出来ません。

そこで、喫茶店を商談の場として使い始めます。

常連として頻繁に利用してくれるので

お菓子やゆで卵をサービスとして飲み物につけ始めます。

これが、モーニングの始まりと言われています。

 

日本の毛織産業を支えてきた尾州。

日本人として生まれたからには

一度は尾州の生地で作ったスーツを着たいものです。

日本の匠が作る美しくて丈夫な生地。

ぜひ、店内にてご覧下さい。

 

 

 

■営業情報

ZERBINOは新型コロナウイルス感染対策として

当面の間、11:30-19:30の短縮営業となります。

ご不便おかけいたしますが、

ご理解・ご協力のほど、宜しくお願いいたします。

■虎ノ門店専用LINEアカウント

お問い合わせなどお気軽にご連絡ください。

パソコンでの対応となりますので

返答にお時間をいただく場合がございます。

ID:@fwe5130j

■ZERBINO虎ノ門店へのアクセス

虎ノ門店へのアクセスはこちらをご覧ください。

■ZERBINO TOP

URL: https://www.zerbino.info/

■ZERBINO Gallery

URL: https://www.zerbino.info/gallery/suit

■ZERBINO Item & Price

URL:https://www.zerbino.info/item/

■Instagram

URL:https://www.instagram.com/zerbino_fund

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。