Blog & Information

たぶん役立つ豆知識

【 ZERBINO 虎ノ門店 】

 

みなさま こんにちは

虎ノ門店の小竹です。

 

先日、関谷が礼服のブログをUPしていました。

そこで今回は

意外と知らないご焼香の仕方をお教え致します。

実は私、以前に葬儀の仕事をしていました。

葬儀の司会をしながらご焼香される方を見ていたのですが

ほとんどの方が前の方の真似をしようと

必死で見ようとしていました。

前の方を見なくても大丈夫な様に

これを機会に覚えて頂いただけると幸いです。

 

まずは、ご焼香の意味です。

ご焼香は仏式でのお清めになります。

煩悩にまみれた私達が

仏様になり煩悩から解放された故人様に対して

そのまま手を合わせる事はとても失礼な事なのです。

そこで、ご焼香を行うのですが

実は、煙がとても大切な役割を果たしているのです。

ご焼香の煙は私達の煩悩を清めて下さるのです。

煙でお清めをする事によって

故人様に対して手を合わせる事が出来るのです。

 

お清めと言えばお塩を想像される方が多いと思いますが

お塩でのお清めは神式のお清めになります。

神式では死を穢れと捉えているので

穢れから自分を守る為にお塩を使用します。

 

神式と仏式では考え方が違いますので

仏式のご葬儀でお塩を使用したり

神式の神葬祭でお数珠を使用したりしない様にご注意ください。

 

ご焼香の回数もみなさま分からないと思います。

1回の方もいれば3回の方もいます。

抹香(ご焼香の時につまむ香木を削った物)を

つまんで手をくるくる回したり

手を高く上げて何やらお祈りをしている方もいましたが

大事なのは煙なので回数は1回で十分です。

手を回したり高く上げる必要もありません。

手は眉間の高さまで上げ、その際に軽く頭を下げてください。

ゆっくりと抹香を炭に置き

煙が出たら、故人様への感謝を心の中で唱え

合掌をして礼拝をします。

ご焼香の仕方

ベトナムの限られた地域のみで採集される、伽羅(きゃら)と言う香木の原木です。

神様が作った香りと言われるほどの素晴らしい香りをもつ

最高級の香木です。お値段も最高級で、生地で言うならゼニアのミルミルです。

 

葬儀の際で間違う事は失礼な事ではありません。

突然の事なので間違って当たり前なのです。

故人様とのお別れの方が大切です。

しかし、いつも着ている黒めのスーツで告別式にご会葬されるのは

元葬儀屋として賛成は出来ません。

 

お通夜は黒めのスーツの方が良いです。

お通夜で礼服を着用するのはご遺族様やご親族様です。

ご弔問の方が礼服を着て行くと

準備をしていたと思われるご遺族様もいらっしゃるので

黒めのスーツに黒いネクタイ、黒い靴でご弔問下さい。

 

告別式にご会葬される際は、必ず礼服でご会葬下さい。

黒めのスーツと礼服の黒は黒の濃さが全く違います。

黒めのスーツの方はかなり浮いた存在になります。

司会台から見ていてもすぐに分かりました。

何より、最後のお別れに呼ばれているのに

普段着ているスーツで行かれるのは故人様に対して失礼です。

告別式は、最後の礼の意味も込め

しっかりとした礼服でご会葬下さい。

 

以上、小竹の豆知識でした。

 

 

■営業情報

ZERBINOは新型コロナウイルス感染対策として

当面の間、11:30-19:30の短縮営業となります。

ご不便おかけいたしますが、

ご理解・ご協力のほど、宜しくお願いいたします。

■虎ノ門店専用LINEアカウント

お問い合わせなどお気軽にご連絡ください。

パソコンでの対応となりますので

返答にお時間をいただく場合がございます。

ID:@fwe5130j

■ZERBINO虎ノ門店へのアクセス

虎ノ門店へのアクセスはこちらをご覧ください。

■ZERBINO TOP

URL: https://www.zerbino.info/

■ZERBINO Gallery

URL: https://www.zerbino.info/gallery/suit

■ZERBINO Item & Price

URL:https://www.zerbino.info/item/

■Instagram

URL:https://www.instagram.com/zerbino_fund

 

 

 

 

 

 

 

 

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。